話は長いしネタバレしてるし

気付いたらまた2ヶ月経ってたしパスワードも忘れてました。
毎回記憶力と管理能力を試されている・・・

2つ前の記事の後、FEHでアレス・リーン・イシュタルが実装され「オイオイオイどうした!?なぜ急に・・・連続して・・・」と混乱しましたが、今回は既にお金がなかったので課金せずに・・・あれ?5月パック分だけしたっけ?もう記憶が・・・
とりあえずPUの時はリーンだけ2人引けて他の2人はお迎えできなかったんですが、数日前のセリユリ+ディアドラのPUで初回無料時に☆5アレス来てくれました。(そのちょっと前に☆4で来てくれてはいた)
しかもその後撤退して緑引いたら☆5ユリアが来て、また撤退して最後の石分で緑引いたらまた☆5ユリアが来ました。
物凄い運・・・こんなの初めて・・・・・
ユリアは既に2人引いていたのでディアドラさんが欲しかったのです。
しかしこれだけ☆5出て文句は言えまい・・・課金してないし・・・
うちにはシグルドもいないので、主人公夫婦をお迎えできるのは相当先になりそうです。
ちなみに兄はやはりディアドラ狙いで数百個貯めてた石で緑のみ引きまくっていましたが、ユリアが5人くらい来た後にようやく1人ディアドラ引いてました。
引けて・・・よかったね・・・私は数百個貯めるとかどのゲームでもできないので、そこまで貯められるのには尊敬しかなく、たまに本命がきて貯蓄を解き放ってるときは「頼むから当たってくれ・・・!!!」という気持ちで見てます。
引けたの見るとホッとするね。


あとグラブル!
まだストーリーで出会ってもいないのに完全に外見で好きになったキャラがいるのですが、それがククル姉ちゃんです。
180607.jpg
スタートダッシュなんちゃらのバナーにいるのを見て「可愛い!!!!めっちゃ好み!!!」と思ったのが最初の出会い。
なぜか見た瞬間CCさくらの桜ちゃんを思い出したんですが、似てるところが帽子くらいしか見当たらない・・・なぜ似てると感じたのか?
その後、うちにはSRの彼女は来ず、兄のところに来た彼女の最初のフェイトエピソードを見せてもらいました。
私はSRの絵柄で12歳くらいの少女かな?と思ってたのですが、どうももっと年上らしい。そして手に職をつけてバリバリ働いてらっしゃる。更にお姉ちゃん属性!!
色々とイメージとは違っていましたが、魅力的なことに変わりはなし。
そんな彼女ですが、この間SSRが登場しまして。
わぁ~結構絵柄変わってる~!!ていうか意外とおっきい・・・?と思いながらダメ元で10連させてもらったらククルちゃんが来てくれました。
今まで・・・PUのSSRが来てくれたことほっとんど無いのに・・・運命か・・・?
こんなの・・・もう、満足しちまったよ・・・・・・・・・・・
私のグランブルーファンタジー ~完~

という感じで、しばらく呆けていましたがなんと推しをお迎えすることができました。嬉しいなぁ・・・
しかし、推しができたらもうちょっとはやる気出るかなと思ったのですが、相変わらずやる気が出ない。
オススメの強くなり方とかは一応見ていて、とにかくマグナのついてるボスを周回して武器をそろえなくちゃいけない!というのは知ってます。
そのためにはストーリーもうちょっと進めなくちゃと思うのですが、無理にするのも楽しくないので、いつかやる気が出たときに進めよう←永遠にそのやる気が出てこない、といった感じです。
これ知ってるぞ、オタクの老化現象ってやつだな。会社の先輩が限界オタク~みたいな漫画で先輩が言ってて「あるある~!!」と思った。
というか、育成について色々語ってる方々の言葉を聞いててもう確信してるのですが、私にこのゲームで強くなるのは無理だ。
根気がねぇ!!!以上!
もうククルちゃんはうちのきくーていで姉妹たちと永遠にキャッキャウフフしててくれ!
運営さんは色々配ってくれたりしてるのに、付いていけなくてすまんの・・・!

話全然変わってグラブルの絵の話なんですが、今回ククルちゃん描こうとして「グラブルの絵って・・・すげー!!!」と痛感しました。
髪の流れがプロすぎて←?真似できない!!!
目が小さいのにこんなに可愛い!!
首が細いのに違和感がない!!
かなりの露出なのにエロさを感じさせない!
デザインが細かすぎて死ぬ!!!!

よく「鎧が難しすぎてみんなTシャツ着せたくなる」(他のゲームでもよく見る)という意見は見てたんですが、ククルちゃんも滅茶苦茶難しかった。
まず目を描く時点で「目がデカすぎる!!!違和感しかない!」と1回挫折(今流行りのゲンコラが頭に浮かんだ)し、そこを乗り越えて髪を描き始めると「なんだこの・・・前髪の流れ!??結構ハネてるの意外だね!?わかるのに描けない!・・・描けないよ!!!」で描いては消しを繰り返し、首を描くと「太い!今度は細い!!おいバランスがおかしい!!」また描いては消し、胸とパイスラッシュに辿り着くと「えっ胸が・・・大きい・・・!?いやデカい!!なんだこのデカさ!おかしい、ロリのように見えていたのに・・・ていうかこの服エロいよー!!!オタク大好きなリブ生地の上になんで胸の下にベルト巻いてんの?お父さんちょっとなんとか言ってあげてくださいよこんなのエロい目で見られちゃうでしょ!!こんなの見ちゃってもしょうがないでしょ!!」と発狂しながら描いていました。
ツインテに至っては「リボン・・・リボンが難しい・・・お下げの位置もっと下じゃない?そうそうもっと・・・いやもっと下だわ!!!おかしい・・・目で見た印象より大分下に描かないといけないな・・・?意外すぎる・・・なんだこのウェーブどうなってんだどう描いても違和感を感じる、ナチュラルウェーブに見えるのにナチュラルに描けない難しすぎる」
最後に最初は描かずに済まそうと姑息にも考えていた帽子を「逃げちゃ駄目だ・・・」と唱えながら描きはじめ、「な゛ん゛で゛
左側だけ垂れ下がってンだよお゛お゛お゛ぉぉーーー!!!」と泣き叫びながら(比喩表現)線画を描き終わりました。辛い。
こんなんだからいつもバストアップばっかりで全身を描かないのだ。でも久しぶりに頑張ったので自分で自分を許しちゃうのだ。

まあ何が言いたいのかと言いますと、見てるときは「ほんとに可愛いなー(はぁと)」の一言で済ませていたものが、いざ自分で描いてみようとした時にあまりのエロさにビックリした、ということでした。
ククルちゃん、エロかった。なんで見てるときに気付かなかったんだろう。


ここまでで充分話がなげーんですが、今日はまだ話したいことがあります。
最近ラストアンコールをネットで見るためにNETFLIXと契約したのをきっかけに、リトルウィッチアカデミアというアニメを見ました。
180607_2.jpg

えっ、お、面白いんですが・・・!?なんでもっと早くに見なかったのか。
私の中の子供の私が「これセーラームーンやCCさくらと同じカテゴリだよ!!私向けのやつだよ!!!」と大興奮してめちゃくちゃ叫んでました。
あの頃の私に見せて「ね~~どこが好き~~~!!?」て語り合いたい。反応が見たい!!
これ朝とか夕方にしてるやつ~~!!と思って、当時の放送時間をしらべたら深夜に放送してたという情報が。
なんでー!!?これは子供に見せるためのアニメでしょ!!?
そんな時間帯にしたらよいこのみんなは見れないじゃん!!!と年度遅れの憤慨をしたりもしました。
ネットで見れる時代とはいえ、勿体無い・・・
主人子のアッコはカレイドスターのソラを思い出すし、ロッテはジブリや世界名作劇場、スーシーは詳しくないけどカートゥーン的なテイストを感じる。
作画が・・・作画が凄い・・・全然崩れてない・・・こんなに動いてんのに・・・アーシュラせんせいやシャリオが美人すぎる・・・アー顔が良い!!!
今公式サイトのキャラクター紹介見たらシャリオの正体ほぼバラしてて笑ってしまった。本編でそんな噂なんてあった?
アッコみたいな主人公は久しぶりに見たかもしれないな~欠点がよく描かれてて、それでも憎めないキャラ。基本主人公に好意的に見る視聴者ですら「お前それはちょっと・・・現実の子供でもそこまでの行動はしないよ・・・」と引くようなことが多くて、逆に笑ってしまう。結構馬鹿にされてるんだけど、描写見てると「これは仕方ないな・・・(擁護できない)」てなる。
どの話もブッ飛んでて本当に好きなんだけど、ダイアナのお家の試練を経て「来て!アッコ!」て手を伸ばされて一緒にホウキに乗るあたりが本当~~~~に熱くてアー大好き!!こういうの大好きです!!!とテンション爆上がりでした。
どう見ても相容れなさそうなライバル(実力的には比べるまでもない)と気持ちが繋がったときの気持ちの良さ、本当に久しぶりに体験できました。
少年ジャンプ~~~!!!て思ったけど、具体的な作品が出てこないな。もうこういう展開見たときに頭に浮かぶ「少年ジャンプ」は少年漫画における理想の概念扱いだと思う。
あと実はダイアナも〇〇〇〇が好きだったっていうところが・・・努力家な理由とか・・・・そう繋がるか~~~!という感じで(全然気付かなかった)、本当に・・・本当に好きなストーリーだった。
先生達についても、子供から見るととっても大人で違う次元の人たちに思えてしまうけど、かつては努力し足掻いた子供達であり、挫折やらなんやらがあってそこにある人たちなんだよ、という人間臭さが見れて大変良かった。
それはそれとしてクロワ先生、あれだけのこと仕出かしたのに逮捕されてないっぽくてサラッと流されて笑った。表向きの逮捕や処罰がないだけで、実際には裏でなんらかの処遇は受けてるのかもしれませんが。
アンドリューについては最初「なんかあからさまにいけすかないイケメンがきた!もしかして恋愛っぽくなるのか!?こんな鼻持ちならないやつと~~ゆるさんぞ!」(男女カップリング好きにしては珍しい感情)みたいな気持ちで見てたんですが、段々アッコから受けてる被害が笑えないくらいになっていって「お前はもっと・・・キレていい・・・」と同情的になってました。
ラストがみんな仲良しになって大団円!て感じで、最初から最後まで最高だった~~~!という気持ちで終われるので幸せな気持ちになりました。
キルラキルの最終回の絵面も凄かったよな。ダリフラ見てます。


あとこれで最後ですが、先月にメギド72も始めました!
最近リツイートでファンの方々の宣伝が流れてくることが多くて、試しにはじめてみたのですが、とても遊びやすいですね!
ギリギリでアンドレアルフスさんを仲間に出来て、今回はプルフラスちゃんを仲間にしたあとメギド体サタナキアをボコってシロップ集めしてます。
16-4で少し詰んでいたのですが、リリムちゃんが加わり今日レベルを上げて突破できました!
ガープさんがいなかったらほぼボス戦は勝ててないのでおんぶにだっこです。
バルバトスは回復必要なくてハニワ投げてるだけだった。
180528.jpg
この絵を描いた時点では☆3でしたが、今は☆4です。
記憶の欠片でストーリー読んだのはまだ彼だけ。意外と剣が短くて最初驚きました。

敵が混成の場合の主力はガープ・ウェパル・バルバトス・アムドゥスキアスの4人で大体固まってます。+1人アタッカーという感じ。
トルーパーがウェパルちゃん以外だとフォルネウスだけなのですが、スナイパーは大体彼女1人で事足りる。なので「かばう」が発動するまでの間彼女をアムちゃんのスキルで守ってもらってます。
バルバトスはガープさんを回復してもらう。女性がいい?知らん。
最初のメギド2体確定ガチャは特に調べずに、トップページにいるキャラから好みの外見で選んだので、ウァサゴさんとゼパルちゃんでした。ゼパルちゃん何度やり直してもしょっちゅう出てきたのでちょっと怖かった。
推しはガープさんとマルコシアスさんとウェパルちゃんですかね・・・マルコシアスさんの奥義が最高に中二心を突いてきて素敵。彼女の奥義だけスキップせずに全部見たい。

ストーリーはこれで2章終えたんですが、山場を共に越えられたからといってワー!!と手を取り合ってよろこばなかったところは逆に好きだなと思いました。
シバと側近2人がとった行動はヴァイガルド全体にとっての最善だったし、ソロモンがとった行動は一個人として出来るかぎりの結果を出した。
立場の違いとしか言い様がないものなぁ。シバも出来るものならソロモンのように動きたかっただろう。
だからこそ言われたら腹も立つし、相手を否定することでしか自分の正しさを慰められない。
指輪を持つものはその選択の重さゆえに人としての心を削られていく。辛いな・・・。

でも、この2人が連携をとったからこそ防げたのである。二人が組めば上手くまわる!というのが実感できた流れだった。
今は立場と思想の違いから共に歩むことはできなくても、目的は同じなのだから、この先歩み寄っていくんだろうな~と思わせてくれる、好みなストーリーでした。
メギド72、これからも続けます!
でもこれFGOよりガチャキツくない?10連してメギドが1体もいないの普通だから、通常時にガチャを回すの精神的に辛い。
そこだけちょっとな~~~一月に1回はメギド1体確定してほしい。


丁度カルデアラジオ局を聞きながら。
FGOはもうすぐぐだぐだイベント始まりますね!経験値先生の漫画買わなきゃ。
配布の龍馬さん腰に刀下げてるけど、それやっぱり・・・陸奥守・・・なんですか?
先月のアポイベントで1万課金し、なんとかケイローン先生とアキレウスをお迎えできました。先に先生が来てくれて、でも「宝具重ねてぇ~~~!!」と引き続き回したら弟子がきた。噂にたがわぬ・・・
私は特にケイローン先生が好き!なんですが、第三再臨で待望のケンタウロスになったのを見て「DWもう最高!!信じてた!!!」とテンションが上がり、聖杯を突っ込んでLv.100にしました。あと2人目の☆4フォウくん注ぎ先に決定。
せんせい好き・・・・・・・・・・・・・・・・
あと、最近やっと騎のマリーちゃん様と、あとペンちゃんが来ました。うちアキレウスいるんだわ・・・カルデアにいたら惨劇だったけどシャドウボーダーだから平気かな・・・かち合うこともないし・・・寂しい。
イベント始まるまであの凄いクオリティのCM見直してワクワクしような!楽しみだなー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

杏

Author:杏
FEシリーズ・FGO・刀剣乱舞・グラブルをメインにプレイ中
ゆるゆるゲーマー

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブクログsidetitle
お気に入りの本とか感想とか。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle商品紹介sidetitle
購入したものや欲しいものをぼちぼちはってます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle