FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒:22章 滅びの予兆

こ、この章やばい・・・聖戦の神器使いがわんさかおる・・・!!



竜の祭壇前。
真っ黒な雲が渦巻く空から、光の柱が降りている。
集まっている村人が、「約束の・・・時・・・竜の・・・祭壇へ・・・ギムレー様に・・・祈りを・・・」と呟きながら、移動してゆく。
ペレジアのギムレー信者の群。
世界の終りを思わせる様子に、一行は竜の祭壇を目指す。


とうとうインバースさんとの対決か。
いやそれより・・・・屍兵の皆さんの武器がヤバい。
グングニル・スワンチカ・イチイバル・ファラフレイム・バルムンク・・・

殺しにきとる。:(;゙゚'ω゚'):


ノインさんの速さが37・・・・さすがにここまで早い人間はわが軍にはいない。デジェルちゃんに受け止めてもらうしかないな。
インバースさんの武器も強すぎるだろぉ・・・・ゲーティア威力19で攻撃49・・・。
うちで魔防が20超えてるのはマリアベル(弱いからダメ)・ティアモ・サーリャ・リベラ・シンシア・マーク・ブレディくらいか。
シンシアだったら2回攻撃が仕掛けられるな。
ていうか、インバースさんダークマージ系使えるのずるい!!それだったらうちのリースだってダクペにしたのに!!
こりゃ今回も超主力を出すしかない。


戦闘開始。ファウダーがインバースと話に出てくる。
リースの力は取り戻す必要がある、と話す二人。インバースは気に入らなさそう。
台座を返してもらおう、と言うクロムに、ここまでのことは全てあるお方の筋書き通り、あなたたちは手のひらの上で踊り続けていたにすぎないと嘲笑うインバース。
竜の祭壇は生贄から命の力を吸ってためておくための存在。千年の間、信者たちはギムレーの復活を信じて生贄をささげ続けてきた。
そしてギャンレルの起こした一連の出来事により、竜の祭壇に身をささげる者が増え、復活に足る魂の力が祭壇に集まった。
ヴァルハルトは、復活したギムレーを倒すことによって教団の野望を阻止しようとしていたらしい。

うう、嫌なBGM・・・華やかさがまるでない・・・
ビビってた右左の神器持ちでしたが、2ターンで普通に片付きました。ファラフレイムマークとか最強!
そして上の四人組へ。
やっぱり一人ずつだからちょろかった。
バルムンクソードマスターさんは、デジェルちゃんに行ってもらったら大盾ではじいて無傷だった。
味方の大盾って惚れるわ・・・///

インバースさんは誰で倒そうか迷ったけど、ノワールにイチイバルで攻撃させたら一撃なのでノワール・・・の前に、ゲーティアってどんな感じなのか興味があったのでブレディを生贄にして観察。
ヨルムンみたいなのを想像してたのに、普通だった。がっかりなのでそこままノワールで一撃。
屍兵に装備させてた神器で倒されるってどんな気持ちー?ふははははー!!
しかし最後の言葉が「激しいのね・・・ふふ・・・」
最後まで無駄にエロいひとだったな。と思ったら撤退するのかよ!!
MVPはデジェルロラン。




支援会話。
ロランデジェルA
顔を合わせて気まずそうなロラン。
最近様子を見に来ないことを気にしていたデジェルがなぜかと聞いてみると、釘を刺されてしまったので控えようかと思っていたらしい。
私は大丈夫だけど、そうじゃない人もいるかもしれないと思っただけだと言うデジェル。ああ、別に嫌じゃなかったのか。
「まったくあなたって・・・頭が良すぎて、物事をそのままには受け取れないのね?」
私は一度あなたに指摘されて助かっているんだから、やめろなんて言うわけない。これからも訓練の様子を見て、指摘したいことがあればなんなりと言ってほしい、というデジェル。
これは良い組み合わせ!この二人は夫婦にしよう。

ジェロームルキナB
ペンダントをなくしてしまって困っているルキナに、珍しくジェロームが声をかける。
なくしてしまった可能性があるのはいつかを聞き、自然に探すのを手伝ってくれようとする。
はぁ、いつもの感じとは意外。

ブレディセレナA
ブレディの買いだした材料を使って、着々と装飾を作っているらしいセレナ。
金や蛍光色を使った可愛らしすぎる装飾に引き気味のブレディにツンケンしつつも、楽しそうなセレナの様子に「まぁいいか・・・」とつぶやくブレディ。
ええ子や・・・・

ノワールアズールC
なぜかアズールに弓を射かけるノワール。
いや、弓には自信があるって言われても怖いわ!ww
誰かから「悪い虫は払わないといけない」と頼まれたらしい。誰だよww

マークルキナA
確か前回、私が死んだ時のためにと言ってファルシオンを試されるのを嫌がったマーク。
なぜか自分から素質があるか見て下さい、と言いに来る。
ルキナの言葉を考えて、軍師を目指す者としていつまでも逃げていてはダメだ、と思ったという。
覚悟をしてファルシオンを使ってみたものの、素質はなかったようで空振り。
慰めようとするルキナに、いきなり笑いだすマーク。つられてルキナも笑いだしてしまう。
「万が一ルキナさんが先に死んでしまっても・・・最後まで戦って・・・勝ってみせます。」
「それでもやっぱり誰かが死ぬのは嫌だから・・・僕にルキナさんを守らせて下さい。これは逃げではないので、いいですよね?」

これは・・・姉弟でなくて他人の方がおいしいセリフだった・・!!(おい)
自分も死なないという約束を交わさないことで逃げていた、と反省するルキナ。
「私は絶対に死なないと約束します。あなたを一人にはさせません。そして、あなたを死なせはしません。」
「最後まで生き残りましょう。一緒に。勝って、未来を勝ち取りましょう」

他人の方が(以下略
最後に、ルキナさんをちゃんと守らなかったら許さないですよ、もしルキナさんが死んでしまったら、あなたは一生果物ナイフですからね!と言われるファルシオン。
未だかつてこんなこと言われたことはないに違いないファルシオンさん。
しかし、二人が去った後に丸太が真っ二つに切れているのを見つけたクロム。
結局素質はあったらしい。ちゃんちゃん。
ええ話やった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

杏

Author:杏
FEシリーズ・FGO・刀剣乱舞・グラブルをメインにプレイ中
ゆるゆるゲーマー

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブクログsidetitle
お気に入りの本とか感想とか。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle商品紹介sidetitle
購入したものや欲しいものをぼちぼちはってます。
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。